最適解を追求するブログ

勉強や受験、自分の経験、考えなどを綴る雑記ブログです!

2週間でTOEICの点数を100点近く上げた3つの簡単なコツとは?

 

昨日第234回TOEIC listening&readingの結果がオンライン上で公開されました。

 

その結果、リスニングが440点でリーディングが390点となり、目標としていたスコアの800点を超えて830点となりました。

 

 

TOEIC二回目受験時の点数

 

その前に受けたTOEICではリスニング385点、リーディング350点で735点だったので合計すると95点、約100点上がっていたことになります。

 

ですが、今回受験したテストは2週間前までは全く勉強していませんでした。今回はそんな自分がいかにして2週間で700点台から800点台まで100点近く点数を挙げたのか、その簡単コツを紹介したいと思います。

 

2週間でTOEICの点数を100点近く上げた3つの簡単なコツとは

 

・筆者のTOEIC履歴

はじめて受けたのが、大学で一斉に受けるTOEIC IPというテストでした。この時は、受けろと言われたので、何か簡単なコツはないのか少しだけ探して、何も勉強せずに挑みました。リスニング試験中に「回答がないじゃん!」と思っていたら、違う問題を見ていたり、筆記でも最後の20~30問は適当にマークしたのを覚えています。舐めていたのですが、簡単ではないなと感じました。

 

TOEIC IP1回目受験時のスコア



 

それから、2年して、大学3回生になった頃、大学院に行くにしても、就職するにしてもTOEICは受けないといけないなと思い、受けることにしました。

 

それが以下のTOEIC Listenig&Readingです。
 

 

TOEIC1回目受験時のスコア

 

 

この時は簡単なコツなどあまり調べずにとりあえず、2か月前くらいから単語長などを見始めて、公式問題集を解いたりとかなり計画的に勉強していました。

 

当時主に活用したのは以下の参考書と単語帳です。3週間攻略シリーズは、スパルタだなと感じましたが、きちんとすれば点数は確実にアップするなと感じました。単語帳と言えばDUOということをあちこちで聞いていたのでDUOを使用しました。

 

 

 

 

 

この時も時間配分に苦戦して、最後の20問ほどはすべて適当にマークしました。

 

案外簡単だったなという手ごたえだったのでもうちょっと取れたような気がしたのですが、案外とれていなかったので若干ショックでした。

 

そして3回目が最初に貼った第234回のTOEIC Listenig&Readingです。

 

・3回目のテストに向けてしたことは?

・やはり、とりあえず解く

大学で研究室の見学会があり、大学院の先輩や周りのTOEIC高得点者、または学校の先生に何をすればいいのか聞いたりしましたが、結構口々でこのコツ!これをすれば簡単に取れるといったものは少なかったのですが、その中でも共通していたのが問題を解くということです。実際やってみるとやはり、馴れというものは大切だとなと痛感しました。

 

とりあえず解く!といっても毎日や何時間も費やしたわけではなく、1日は問題を解いて次の日は答え合わせと直しをして早く終われば次の問題を解いてといった具合でした。

なので勉強していたのは多くても4時間かからないくらいで、解いた問題は8回分でした。

 

公式問題集も使いましたが一回分多くできる以下の問題集がおススメです。

 

 

 

・全部の問題に目を通せるくらいに時間配分する

短期間で大幅に点数をアップさせた先輩に聞くとわからない問題は飛ばして、とりあえずすべての問題に目を通すとかなりスコアが改善するという簡単なコツをいただきました。普段、自分で勉強するときから心がけて長文では3回読み直しても答えがわからなければ自動的に次へといった具合に損切りラインを決めておきました。その結果、以前までは最後の20問程度を飛ばしていたのが全問解答することができました。難しい問題はパスしてなるべく簡単な問題を多く解きましょう!

 

・瞑想

TOEICをやっていて一番困るのが集中力が続かないことではないでしょうか?実際にTOEICを解いていたことのある方ならわかると思うのですが2時間も続きません。特に簡単にいかないPart2なんかを解いていると自然と集中力がなくなっていきます。そこで取り入れたのが瞑想です。瞑想をすると集中力が続いたり、違い所に意識が行ってもすぐに元に戻すことができるようになります。実際に、今回もPart2や長文読解でそんな場面があったのですが、何とか持ちこたえることができました。それに、瞑想をすると自己コントロール能力が向上するので普段の生活にも生かすことができます。

 

そんなに長い時間する必要はなく自、分の場合は勉強を始める前や休憩などの時間を使い一日10分ほど気楽にやっていました。今でもメリットを感じて続けています。

 

一日に何時間も必要というわけではないので簡単に始められます!

 

 

 

今回は自分が最後までとけるような時間配分や瞑想などの実践した簡単なコツを述べてきましたが、しっかりと計画的に勉強することに越したことはないので、きちんと勉強しましょう!

 

読んでくださった方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!