最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

アンチが湧いた時の対処法、考え方。アンチに絡まれてみたよ!

 

ネットを使っている多くの方はアンチについて聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

芸能人や有名なブロガーさんなど、どこにでも湧きますよね!

 

最近自分はツイッターのフォロワーさんが200人を超えて、はてなブログでの読者さんも40人に達しようとしています!

 

本当に感謝しております。ありがとうございます!!

 

そんな自分も先日アンチのような人に絡まれたので今回はアンチへの対処法をまとめてみたいと思います!

 

 

・アンチの意味

もともとアンチは antipathy (嫌悪、反感)をあらわる言葉からとられており、原語の意味のように「反~」という意味を持ちます。

 

日常生活ではアンチエイジングなんてよく聞きます。

 

ネット上では主に誹謗中傷したり、汚いこと言葉遣いでしつこく絡んでくる人のことを言います。

 

 

・どのくらいから湧いてくるの?

先ほど述べた通り、自分の場合は200人を超えたあたりでフォローされていない人に絡まれたのですが、アンケートを取っていたツイートがあったのでお借りしてみると

 

 

まあどのくらいの人をアンチと呼ぶかで変わってきますし、どれも均等な幅ではないのですが案外500人いかないくらいから湧いてくるようです。

 

 

・初めてアンチを見かけたときの感想

これまでにも自分がツイートすると意見やコメントを述べてくださる方はいました。

そういったかたは往々にしてきれいな言葉づかいで、自分の至らない点や知らなかったことを教えてくださりましたので、素直に受け止めることができました。

 

そういった方は非常にありがたいですし、これからもコメントいただきたいのですが、先日コメントされた方は、フォローをたがいにしておらず、いきなり、お前やWWなどあおるような口調で絡んできました。

 

 

 

炎上は効率いいといったことを話す人や賛否両論あるものはバズっていいと聞いていたので一回体感してみたいなと思っていたのですが、いざ絡まれて初めに思ったのは

 

は?という思いでした。いきなり絡んできて、お前と言ってきたり、煽ってきたり...

 

しかし、冷静になって考えてみると自分もアンチが湧くまでになったか!

 

それだけ自分の発言を見てもらえているんだ!というような気持になりました。

 

そう考えるとそこまで怒りや悲しみは出てこなかったです。

 

 

・アンチにあった時の対処法

前置きが長くなりましたが、ここからは実際に自分が取った行動と選択肢を挙げてみたいと思います。

 

・利用する

こういったアンチがいてどういうコメントされたってことやそれをもとに考察したり、ちょっと煽り返してみたりするなどといった感じです。

 

相手のフォロワーが多い時には相手のフォロワーさんにも読まれるので、注目はされやすくなるでしょうが、相手のフォロワーさんに絡まれたりといったことや、自分のフォロワーさんが見てもいい思いはしないでしょうしお勧めしません。

 

・きちんと説明して味方にする

一度きちんと話し合いをして理解をしてもらうと、よりあなたのことを理解してくれて、他の方よりも熱心にあなたを応援してくれるかもしれませんし、成功してネタにするのもありですよね。まあ、結構なエネルギーを使いそうですけどね(-_-;)

 

 

・無視する

正直これが一番だと思います。アンチに構うとかなりのエネルギーや時間を費やしますし、一度絡んでしまったりすると、それを面白がって他のアンチが湧いたりすることも予想されます。

 

一度マイナスな印象を与えてしまった人を説得するよりは、新しい人間関係を築いた方が労力が少なく済むなんてデータもあります。

 

特にネット上ではそれが顕著にあてはまるのではないかと思います!

 

 

 

今回、自分が選択したのは無視と利用ですね。

 

ブロック上でこういった形で記事のヒントをいただきました

 

 

突然、アンチに絡まれたりするとかっとなったり、不安になったりするかもしれませんが、一度その場から離れて、落ち着いて行動しましょう!

 

 

既にアンチに絡まれている人やこれからアンチに絡まれるかもしれないという人の参考になれば幸いです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!