最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

僕が少林寺拳法をやめた理由

 

中学、高校、大学に入ると部活の勧誘やサークルの勧誘があるかと思います。

 

特に大学での勧誘はすごいです(笑)

 

ビラを大量に配り、一回でもいいから練習に来てみてと言われたり、ご飯だけでもと言われたりと。フットインザドアってやつですね

 

フットインザドア・・・相手の飲みやすい小さい要求から初めて徐々に大きくしていく方法

 

訪問販売で足を挟んでとりあえず話だけでも聞いてくださいといった感じです!

 

入学当時自分は、大学に入ったら体を鍛えたいなぁ~とか格闘技をやってみたいなと思っていたのでいろいろ格闘技をみていました。

 

少林寺拳法よりも力の付きそうな部活もあったのですが、雰囲気や少林寺拳法部に入ったらこれから運用法(実戦形式)を増やしていくといったことを先輩から聞いたので勢いで入りました。

 

しかし、その後だんだんわかってきた実態とは...

 

 

デメリット

・教えが使えない、実戦形式が少ない

自分は少林寺拳法以外にキックボクシングも経験があり、そこでの経験、そこで他の格闘技について聞いたり、少林寺拳法部の友達から聞いたりしたのですが少林寺拳法はかなり効率が悪いように思います。

 

スポーツなので、少林寺拳法にも他の競技と同じように大会があります。しかし、実戦形式の試合に出られるのは黒帯を取ってからで大学から始めると1年半~2年弱はかかります。もっと若いととさらに低い階級から始めるのでさらに時間を要します。

 

なので大学に入ってから約二年ほどは型だけの大会なのです。

 

当然、普段の練習でも型の練習は多くなります。さらに自分のはいった部では先輩たちが実践嫌いの人が多かったので、ほとんどが型の練習でした。

 

その型も実際に使えるかな?というようなものはかなり少なかったです。

 

さらに自分が少林寺拳法をやめてキックボクシングを始めたころ、蹴りにはなるべく手で防ぐことはしないなどなどかなりの点を修正されました。

 

その理由もキックボクシングの方が理屈に合っており、自分もそこで習ったことの方が腑に落ちました。

 

道場の先生や達人のような人はかかるつもりがなくても知らない間にコケされているのですが、そこまで行くのにかなりの年数を要します。

 

 

3回生になってやっと実践の試合に出られるのですが、実戦で使いたいという目的だったのでそこまでモチベーションが続かずに1年生の12月にやめました。

 

 

・金がかかる

どのスポーツでもお金はかかるのですが、少林寺拳法は胴着や連邦の会費、、道場や部費の代金、スポーツ保険、昇級試験のお金、帯の色が変わる際の代金などがかかってきます。

 

うろ覚えなのですが胴着が大会に出られるような公式のものをそろえるのに1万円なかばくらいかかった覚えがありますし、練習用にもう一着ほしいとなれば、公式用でなくともそれなりにかかるようです。

 

 

メリット

ここまであまりよくないことを述べてきましたが次は少林寺のメリットを挙げてゆきたいと思います。

 

・黒帯が取りやすい

少林寺では1段を取ると黒帯がもらえますが、それがどうやら簡単なようです。自分の先輩で白帯から初めて黒帯取るまでに試験で落ちたという先輩はいませんでしたし、その先輩もそんな人はあまり聞いたことがないと言っていました。

 

それ以降となるとそう簡単にはいかないようですが、黒帯を取って資格に書いたりなどしたいときは適しているのではないかと思います。

 

・体動かすのにはいい。

 練習をしているときに誤ってちょっと突きが当たってしまったりけりに力を入れすぎたりなどはありますが、よほどのことがない限り少林寺で大きなけがはしないと思います。それに、蹴りなどを練習していると股関節が硬いままでもそれなりに足が上がるようになります。

 

 

・礼儀が身につく

立ち方から立っているときの作法まで結構細かく教えられます。普段の生活でそんなに役に立つような気はしませんが(-_-;)姿勢はよくなるかな?

 

しかし、小さい子供に礼儀を学んでほしいといった場合には有効なのではないかと思います。

 

 

今回は自分の体験をもとに語ってきましたが、どこの道場や団体でもそうとは限りません。

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!