最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

受験生の心得~大事な4つのこと~

 

ブログを書いているのが10月ということもあり、そろそろ受験が迫ってくる頃ではないでしょうか?

 

ということで今回は三年前まで受験生だった自分が受験で気を付けたこと。また、こうすればよかったということを綴ってみたいと思います!

 

 

まだ、間に合う

自分は10月に冠模試(その大学の名前が付いた模試)を2つ受けたのですが、11月に帰ってきた結果はD判定とE判定でした。

 

 

それまでは、塾や電車では勉強する習慣がついていたので勉強できていたのですが塾が、開いていない日は勉強が進みませんでした。

 

お盆休みの3日はスマホゲームのイベントに熱を入れて毎日10時間以上したのを覚えています。また、休憩がてら勉強の合間にやっていたのですがそれだけ好きだったゲームをアンインストールして気合を入れなおしました。

 

それに加えて、友達といる時間ももともと減らしていたのですがさらに減らしました。

不安になるとそのことを話したりしたくなりますが、馴れ合いをしている時間はお互いにとって悪になりますし、周りの馴れ合いをしている友達はみんな落ちてたのでやめましょう!

 

無駄なことはとことん排除しましょう!

 

かといって、この時期まで勉強しないでも大丈夫なんてことはありませんのでしっかり勉強しましょう!

 

それに、A判定ばかり取っている人も落ちたりするので成績が良くても油断しないようにしましょう!

 

 

本番前の試験って受けた方がいいの

自分の場合は中期試験と後期試験には申し込んで、中期試験は実際に受けたのですが第一志望の前に練習として私立大学を受けたりといったことはしませんでした。

 

親や先生には練習の意味合いも込めて勧められましたし、周りの友達もほとんどの人が受けていたのですが、入学金を払わなければならないこと、第一志望の大学しか行く気がせず受けても意味ないと思い受けませんでした。

 

しかし、やってみるとセンター試験から国立の前期日程まで1か月ちょっとあり、かなりマンネリ化してしまいました(-_-;)

 

夏休みなども、塾と家の往復だったのですが、その時は何も思いませんでした。しかし、この時期の退屈間は結構大きなものでした。

 

なので、行く気がなくても、たとえ合格しても入学金を納めずに、雰囲気を感じに行ったり、モチベーション維持の意味合いで受けるのもありじゃにかと思います。

 

健康に気を付ける

やはりこれがかなり大切だと思います。受験当日はもちろんのこと、体調を崩すと勉強しても頭に入ってこないのでその分のロスが大きいものとなります。

 

きちんと寝る

睡眠不足は万病のもとで作業効率も落ちます。受験は長期戦なので、人それぞれ睡眠時間は違いますが、しっかり寝ましょう。

 

昼寝しよう!

自分は塾に通っているときに、先生に眠くなったら昼寝しろと言われて昼寝をしていましたが、最近では企業でも昼寝を取り入れる企業が増えたりなどと昼寝の大切さについてかなり認識が広がっています。

 

実際に受験をしていると学校でも塾でもほとんどの人が昼寝をしていました。

 

具多的なメリットとしては学習能力の向上、眼精疲労の回復などが挙げられます。

眠たい中で勉強しても何も入ってきません。

ならカフェイン取ればいいのではとなりますが、先ほども述べた通り受験は長期戦なのできちんと体力を回復しましょう!

 

ヨーグルトを食べよう

R1ヨーグルトこれは正直めちゃくちゃいいですね!

自分はもともと体が強い方ではなく、年に2,3回くらい風邪などで体調を崩し、年に10日以上は体調不良が原因で休んでいました。

 

しかし、受験期に入り、R1ヨーグルトがいいというのを聞きまして母に伝えたところR1ヨーグルトを作ってくれるようになりました。

 

tech-swing.net

 

その結果、その年は一度も風邪などで体調を崩すことなく、快適に過ごせました。

それ以降腸内環境が整ったのか、自分が体調管理のコツを得たのかわかりませんが、現在3回生で熱が出たのは1回でそれも1日で治りました。

 

今でも母はヨーグルトを作ってくれるのですが、本当に家族の健康を守っていると感じます!

 

受験生やご家族だけでなく、この記事を読んでくださってる皆さん全員におすすめしたいです。

 

一個一個買うのは高いなという方はヨーグルトメーカーがおススメです!

 

 

 学校の授業に意味を見出せなかったり、朝の朝礼に意味がないと感じれば思い切って休んだりすることもお勧めします!

 

 

 

 

あくまでも目的は大学に合格することなので、そこを忘れないようにしてください!

 

 

結局、最後までD判定とE判定しか出なかったのですが何とか志望校を変えずに合格することができました。

 

 これもまわりの理解があってこそだと思うので、この記事を読んでくださってる方のご家族に受験生がいれば是非とも協力してあげてください。

 

 

 この記事を読んでくださった受験生や、そのご家族にいい結果がもたらされるように心から願っています!

 

 

 最後まで読んでいただいてありがとうございました!