最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

特筆すべき才能がないのなら大学に行くべき!

 

最近、以下のような大学不要論が出てきていますね。

 

 

 

また、堀江貴文さんなども大学不要論を唱えています。

 

今回は、そんな大学不要論について自分なりに考えてみます。

 

 

まず、大学に入る前にやりたいことが他にある、大学に入らなくてもすでに稼げる能力があるという人は大学に入る必要はないかなと思います。大学に行かなくても、オンラインサロンやインターネットの普及で大学で学ぶ大抵の情報は手に入りますし、より実用的なことを効率よく学べます。

 

また、最近では無料で海外の大学の授業が受けられるなんてサービスもあります。

 

しかし、研究したいととなると別ではないでしょうか?莫大な費用が掛かる研究装置を使用できるのは大学や企業だけです。

 

 

問題は他ですよね!

 

 

上記のイケハヤさんのツイートでは何となく大学に行くというのは良くないといわれています。

 

 

なら、やりたいことがないからオンラインサロンに入っとけというのもダメですよね、どうしたらいいんだ・・・

 

 

でも、やることが見つからないなら大学に行くべきだと自分は思います。

*勉強せずに多額の借金をして、適当に入ってはいけませんよ(笑)

 

 

まず、勉強するということはどういうことかと言われると、知識を得ることもそうですが”地頭”を鍛えるということですよね。

 

今の日本の教育についての賛否はありますが勉強しないよりは、勉強してきた人の方が話したりしても知性が感じられ、地頭もよくなります。

 

大学に入ってない人が上記のようなツイートをしにくいってのもあるかもしれませんが、上記のようなツイートをしているのは有名大学に入学した方ばかりですよね。

 

また、受験勉強していい大学に入ると自信にもつながります。

 

これは結構大きいですよね!

 

 

大きいのが、大学に入っておくと保険になることですよね。自分に能力がなくてもある程度の企業に入ることができます。錯覚資産ってやつですね。
 

起業したいなんて考えても、有名大学に入っているというと信用されやすくなります。ちなみに、自分の大学ではOBさんが起業支援などを行ったりしています。

 

大学に入って副業として専念できずに始めると失敗しやすくなるのではないかという疑問がわきそうですが・・・

 

起業するとき、副業として始めると成功率が3割程高くなるというデータもあるようです。

(曖昧な記憶なのですがメンタリストのDaiGoさんが言っていたと記憶しております)

 

心の余裕が生まれるといった具合でしょうか。

 

 

それに、こういった議論になると二者択一になりやすくなりますが、別に大学に行きながらうオンラインサロンに行くことだって全然可能なわけです。なので、やることがなければ、大学に入ればいいのではないでしょうか?

 

 

一番いけないのは自分で考えずに流されることです!

 

やっぱり最後はじぶんで決めましょう!



最後まで読んでいただきありがとうございました!