最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

男の化粧について

 

自分は21歳で大学三回生なので、よくインターンシップに参加するのですがそこで気になるのが男性の肌です。

 

自分が気を使っているからというのもあるかもしれませんが、肌に気を使わない男性がちょっと多いのではないかと思います。流石にひげをはやしてくる学生はいませんが、近くで見るとひげ以外の毛が全然そられていなかったりとうーんという感じですね。

 

それくらい剃ろうよ(笑)と思ってしまいます。

 

また、自分も化粧品については全く詳しくはないのですが、ニキビ跡などもコンシーラーやファンデーションくらい使えばいいのになと思ってしまします。

 

下の商品は僕が使っているコンシーラーなのですが薄く伸びてくれるので愛用しています。ニキビもしっかりカバーしてくれます。

 

コンシーラーについてはこれともう一つしか使ったことがないのですが、思ったよりなくなりませんし20gでこの値段は安いのではないかと思います。

 

 

 

また(ファンデーション)化粧下地もアマゾンなどには載っていませんが使用しています。

 

自分が肌のことを気にしすぎているのでしょうか?

 

どうやら日本ではそうみたいです(笑)

 

日本、アメリカ、、イギリス、中国、韓国などの9か国の20代、30代の男性、各国310人で日本は306人を調べた調査ではスキンケア意識が高そうという印象が抱かれていました。

 

が、しかし化粧液をかったり日焼け止めを買ったりなどというスキンケアの実施率は調査した国の中で最下位、重要だと思う人の割合も最下位でした。

 

肌だけではなく、見た目全般のセルフマネジメントの実施率も最下位という結果です。

 

また、調査ではスキンケアに関する考え方の違いが浮き彫りになっています!

 

 

相手の肌をチェックするという割合も日本は低いので日本人だけの職場だと安心だなんて思うかもしれませんが、そうは答えていても自分がいだく印象は操作できませんよね。イケメンの方が収入が高かったり、高身長の方が収入が高かったりという調査結果もあります。

 

外国人と会う時だけではなく、日本人だけの職場であってももう少しスキンケアを含む身だしなみに気を使っていてはいかがでしょうか?

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!