最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

働き方について2

昨日は大企業に勤める親戚の話をしました。

 

optimizer-tatsuki.hatenablog.com

 

今日は自分で事業を起こした人、サラリーマンとして働きながら投資し、リタイア後は配当などで暮らしている人、農業と投資をしている親戚の話をしたいと思います。

 

 

 

・自分で事業を起こした人 

事業を起こした人は車屋さんをやっています。軽い修理や販売までをやっています。奥さんに話を聞いていると子供に継がせる気はなく年金などが大変だと言っていました。しかし、毎年一回以上は海外に車のオークションを兼ねた旅行を子供と行ったりするなど本人はかなり楽しそうです。売上等に関する心配事や将来に関する不安はあると言っていますが、人間関係によるストレスといったものは少なく自分で自由にできるというのはやはり見ていて楽しそうです。

 

・サラリーマンと投資をしていた人

サラリーマンの方は自分が勤めていた会社のいくつかの自社株を購入したようです。何となく進められて買ったと言っていましたが、70を超えた今パチンコに毎日行くなど生活にゆとりはあるようです。

 

・農業と投資をしていた人

農家で投資をしていた人は基本的には農業と建設会社での勤務をこなし、投資をしていました。今は農家と配当金などで暮らしています。いくつかの手段があると気持ち的な余裕が大きかったと言います。

 

自分の周りを見てみるとまず稼ぐ手段はいくつか持っておきたいなと思います。自分が働く以外に投資、ブログなどいろいろと試してみたいです。

 

サラリーマンか自分で事業を起こすかということについてですが、自分でする方が人が選べる、休みたいときに休める、やりたいようにできるので能力があれば起業した方がよさそうです。ただよほど稼げないと将来のことを不安に感じるようです。とはいっても、最近は企業も若い人に対する接し方を変えたりしているようで、叱られまくりということは減ってきているようです。

 

とりあえず自分としては、成長できるような会社に就職し副業としていくつか行うという方向で生きたいと考えています。

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!